第一興業開発株式会社 - タンクライニング

SS経営者の皆様へ

あなたのガソリンスタンドは大丈夫ですか?

地下タンクからの油流出事故が多発しています!

内部腐食状況 内部腐食状況←内部腐食状況

 

老朽化した地下燃料タンクを再生・延命して、
安全と安心をご提供いたします。

永年使用による腐蝕老朽化した地下タンクは危険物の漏洩を引き起こす原因となり、深刻な環境破壊を招きかねません。
また、「改正消防法令」「土壌汚染対策法」の施行にともない、地下タンクを保有されているすべての企業には、土壌環境の保全が求められています。
現在、貴社が保有されている地下タンクは、
「設置後何年経過していますか?」
もし腐蝕老朽化が懸念されるのなら第一興業開発㈱のFRPタンクライニング工法をご検討ください。地下タンクの腐蝕進行を止め、漏洩を未然に防止するFRPタンクライニング工法。
老朽化した地下タンクも第一興業開発㈱ の技術で甦ります。

・危険物第4種の品名なら全て施工可能です。また、薬品関係の場合は、事前に成分分析表でFRPとの反応をチェックいたします。

・地下タンクは永年使用で、内面より腐蝕している傾向があります。20~30年経過したタンクは至急対策が必要です。

・現在のタンクにマンホールがない場合でも、新たにマンホールを設置し対応いたします。ただし、所轄の消防署に対して事前に許可が必要となります。

施工手順

ガラスマット貼付
ポリエステル樹脂塗布
膜厚検査 ピンホール検査
  
 
タンクライニング完了
FRPタンクライニング工法は、地下タンクの腐蝕により生じた欠損(腐れ代)をクリーニング後のFRP層を形成することにより補います。この工法により既設地下タンクの腐蝕の進行を止め、漏洩を未然に防止する事ができます。
※既に漏洩が生じている地下タンクを修復するものではありません。
施工後のメンテナンスは必要ありません。今まで通り法定の定期検査(微加圧等)を行ってください。 
このページのトップへ